【セミナー】『タスクを実行するための「手帳・スマホ」活用ワークショップ』 - 西宮市のコワーキングスペースIDECOLABO -

西宮市 阪急今津線甲東園駅から徒歩30秒のコワーキング&シェアオフィスIDECOLABO(イデコラボ)です。


IDECOLABOの想い

あなたの「〇〇」をよりシンプルに。

IDECOLABOのコンセプトです。


様々な分野で得意とこだわりを持つ人々が集まるワークスペースがあったら。

そしてお互いの得意分野で協力し合う機会提供ができたら。

そうすれば煩雑に思える様々なことが、よりシンプルに簡単に実現できるのでは、と考えたのが、IDECOLABO構想の出発点です。


〇〇をよりシンプルに

長く続くものはシンプルです。シンプルなものは使いやすく、持続可能になります。

名車MINIクーパーも、IDECOLABOで使用しているイームズチェアも、そのシンプルな構造·デザインが、50年以上も変わらぬ支持を集めています。


IDECOLABOの内装も、コンセプトはシンプル。

カラーはここに集うあなた自身がつけてください。


さまざまな人のさまざまなカラーを持ち寄り、繋がり交わることでシンプルを生み出しましょう。

IDECOLABOなら、それが可能です。

あなたの〇〇をよりシンプルにするために、IDECOLABOを使ってください。


 

タスクを実行するための「手帳・スマホ」活用ワークショップ


2019年6月22日(土)14:30〜16:30

オープニング特別セミナー『タスクを実行するための「手帳・スマホ」活用ワークショップ』


オープニング特別セミナー最後のセミナーは、「手帳事典」著者 荒川翔太さまを講師に「タスクを実行するための「手帳・スマホ」活用ワークショップ」を開きました。


2017年の西宮市の起業塾で同期として共に学び、その後も一緒にいろんなことを考えています。大事なお友達です。


手帳選びって難しいと思ったことないですか?「とりあえずこれ使っています。」とか「頂き物なので。。。」などなど。


人生のステージによっても使い方が変わります。私は長年フランクリンプランナーを使って、年間の計画、日々のタスク、プロジェクト管理していましたが、ダブルワークするようになり、平行で予定が進むと手帳がカオスに。。。

そして、「ypad」、「EDiT」を使うようになりました。

書くより描くの方が多い、そんな私にあった手帳が何か?を知る機会になりました。


参加者の今の手帳の使い方に合わせて、セミナー構成していただきました。計画、タスク、ロギングに合わせて手帳が良いか、スマホが良いかチョイスできれば良いです。紙には紙の良さ、スマホにはスマホの良さがありますので!

iPhoneのリマインダーをより活用できる方法も教えていただきました。

すごく楽になりましたよ。


次回は来年の手帳が販売される頃にやりたいですね!協賛していただける方募集します。


今回講師していただいた荒川さん。現在クラウドファンディングにチャレンジ中です。

↓応援と拡散をお願いします。

毎日使いたい!小さなノートに《着せる》、ライフスタイルをかろやかに彩る本革カバー


クラウドファンディングでチャレンジされているノート、万年筆本当に書き心地が良いです。紙の滑り、ペンの滑らかさ字が上手くなったように見えますし、どんどん書いてしまいます。

ノードカバーは触り心地、手に馴染む感じが最高です。カードケースも持っていますが、本当に触った感じが良いんです。皆様も是非応援してください。

カバータイプとスリープタイプがございます。お好みの方を選んできださいね。

私はスリープタイプが好みです。スマホの居場所を見つけたので。