企業のBCP対策を考えていました - 西宮市のコワーキングスペースIDECOLABO -


仕事や勉強をする場所は、居心地の良いコワーキングスペースで決まり!


仕事って環境が大事だよね!


スマホ一つあれば、いつでもどこでも仕事ができる時代

「なぜ、仕事場所はコワーキングスペースで決まりなのか?」


その理由は、IDECOLABOと利用される方々が作る場の雰囲気。

お隣やお向かいが気にならない広めのテーブルと仕事がはかどるBGM。

コーヒー、知恵の輪、ロッキングチェアで頭を休める。

人とは違うビジネススタイルだからこそ仕事に集中できます


そして、お仕事や資格取得で成功を目指す上昇志向の強い方が作る空気感が、

良い刺激になり、相乗効果で自分の仕事の生産性が向上します。


すでにみなさん感じていると思いますが、自宅やカフェには仕事を完遂させたり、

会議で成果を出す後押しする雰囲気がありません。


IDECOLABOには、利用者の方の仕事で成果を出す後押しする雰囲気があります

 


いつもIDECOLABOをご利用いただきありがとうございます。



いくつかの大震災を経験して、企業では、震災などの災害が起こっても業務を止めないシステム作りを目指してきました。オーナーの村田は、システムエンジニアとしてこの業務を止めないシステム作りに長く携わってきました。

20年以上前はまだテープにバックアップ取得して、そのテープを輸送するが当たり前の時代。

東京のサーバから博多のサーバにデータコピーなんて信じられない時代です。


今ではクラウド構築すれば問題ない話なのですが。。。

すごいIT技術の進歩です。


今年の緊急事態宣言で実感したのは、システムを止めなくても業務が止まる!ということ。

実はオフィスがネック?ということです。

確かに以前からも災害時に出勤できますか?というご意見はありましたが、

使命を持って働くという選択は決して否定できません。

ライフラインや物流が止まればパニックになります。

でも、オフィスに行かなければならないという概念は今年なくなりました。


今年からはオフィスの近くで生活するスタイルから

生活の近くにオフィスがあるスタイルに変化していくのではないか。

そう感じます。


企業のBCP対策としては、データはクラウド!オフィスは自宅や出先の近くで!

が主流となるでしょう。


BCPの事もオーナーにお気軽にお話しください。


企業向けにスポンサー企業会員募集しております。

スポンサー企業のメリット

 ・パートナー企業の拡大(スポンサー企業間の交流)

 ・人材採用(大学が多い地域なので、学生とスポンサー企業との交流)

 ・販路拡大(会社案内や製品、サービスの販促物(パンフレット)の設置)

 ・社員の福利厚生の充実(テレワーク、リモート会議の場として利用可能)

 ・情報収集とリフレッシュ(オーナーと会話できます。)


スポンサー企業会員のお問い合わせは


LINE ご質問などお気軽にどうぞ。


メールにてお問合せください。


仕事場所にお困りの方や資格試験などで勉強場所をお探しの方がおられましたら

ぜひ「IDECOLABO」ご紹介ください。