勉強のはなし- 西宮市のコワーキングスペースIDECOLABO -


仕事や勉強をする場所は、居心地の良いコワーキングスペースで決まり!


仕事って環境が大事だよね!


スマホ一つあれば、いつでもどこでも仕事ができる時代

「なぜ、仕事場所はコワーキングスペースで決まりなのか?」


その理由は、IDECOLABOと利用される方々が作る場の雰囲気。

お隣やお向かいが気にならない広めのテーブルと仕事がはかどるBGM。

コーヒー、知恵の輪、ロッキングチェアで頭を休める。

人とは違うビジネススタイルだからこそ仕事に集中できます


そして、お仕事や資格取得で成功を目指す上昇志向の強い方が作る空気感が、

良い刺激になり、相乗効果で自分の仕事の生産性が向上します。


すでにみなさん感じていると思いますが、自宅やカフェには仕事を完遂させたり、

会議で成果を出す後押しする雰囲気がありません。


IDECOLABOには、利用者の方の仕事で成果を出す後押しする雰囲気があります


いつもIDECOLABOをご利用いただきありがとうございます。


ドラゴン桜2がテレビで放映されるようですね。

漫画のドラゴン桜2とは少し異なるようですが、今から楽しみです。


こういう漫画を見ると自分の高校生時代を思い出すのですが、

当時は何も目標とか夢とかなかったな。ただ日々をその時の楽しい方向に過ごしているだけでした。

僕がなぜ大学に行こうと思ったか?その理由は二つ。

「何もすることがなかったから」

「今の自分を変えたかったから」


私の卒業した高校は進学校ではなく。

子供たちが卒業アルバム見たときにちょっと引くくらいの学校でした。


当然現役で合格などできず浪人生活。

ドラゴン桜は「バカとブスは東大へ行け!」ですが

私は卒業時にかけられた言葉は「大学行きたかったら京都に来るな!」でした。

(京都の高校だったので)

高校の先生に予備校を紹介してもらったり、春期講習行けだとか。

色々アドバイスいただいて。

僕の事よく知っておられたので、途中で投げ出さないか心配だったんでしょうね。


浪人生活の最初に「講師の言うことは守ろう」と決めました。

「予習→授業→復習」このルーチンは1年間守りました。

最初予習のノートはすべて”真っ白”です。夏休み終わるまでそれは続きました。

復習で問題解けるのがうれしかった記憶があります。

あ、問題解くことって楽しいんだって初めて思ったかも。

志望校については、直前模試までD判定でしたが合格。


そんな経験もあり、なんとなくドラゴン桜の生徒さんの気持ちが分かるような気がするので

好きな漫画でした。こんども見よう。


僕が大学受験の時にドラゴン桜があったら東大目指していただろうか?

と考えています。


一人では実現できないことも何人か集まれば実現できることもあります。

モチベーションアップ!そんな時にコワーキングスペースを使っていただければ良いのです。


LINE ご質問などお気軽にどうぞ。


仕事場所にお困りの方や資格試験などで勉強場所をお探しの方がおられましたら

ぜひ「IDECOLABO」ご紹介ください。



IDECOLABOでは、感染症予防のため、以下の対策を継続して実施しております。

 ・24時間換気

 ・皆様が触れる部分(扉、机、コーヒーサーバなど)は消毒、除菌

 ・スタッフのマスク着用(接客時にマスク着用します。)


お客様へのお願い

 ・会話、WEB会議では、マスクの着用をお願いいたします。