【起業ストーリー】IDECOLABO4年目までのあゆみ - 西宮市のコワーキングスペースIDECOLABO -


仕事や勉強をする場所は、居心地の良いコワーキングスペースで決まり!


仕事って環境が大事だよね!


スマホ一つあれば、いつでもどこでも仕事ができる時代

「なぜ、仕事場所はコワーキングスペースで決まりなのか?」


その理由は、IDECOLABOと利用される方々が作る場の雰囲気。

お隣やお向かいが気にならない広めのテーブルと仕事がはかどるBGM。

コーヒー、知恵の輪、ロッキングチェアで頭を休める。

人とは違うビジネススタイルだからこそ仕事に集中できます


そして、お仕事や資格取得で成功を目指す上昇志向の強い方が作る空気感が、

良い刺激になり、相乗効果で自分の仕事の生産性が向上します。


すでにみなさん感じていると思いますが、自宅やカフェには仕事を完遂させたり、

会議で成果を出す後押しする雰囲気がありません。


IDECOLABOには、利用者の方の仕事で成果を出す後押しする雰囲気があります

 


いつもIDECOLABOをご利用いただきありがとうございます。




社長の起業ストーリーを書いています。

前回は就職編でしたが、今回はプロジェクトマネジャー編。

よければお付き合いいただけると嬉しいです。


前回記事はこちら↓

1.社長のサラリーマン時代(就職編)

2.社長のサラリーマン時代(プロジェクトマネジャー編)

3.社長のサラリーマン時代(起業編)


4.IDECOLABO4年目までのあゆみ


IDECOLABOの開業当時、起業家だけでなく、学生もサラリーマンもいろんな人が集まって、新しい製品やサービスを作り出す。そんなスペースを作りたい!

という思いを持っていました。


そんな目標を立てて営業を始めましたが、その頃はまだコワーキングスペースという言葉が広まっていませんでした。


会う人会う人にコワーキングスペースとは?を説明してまわりました。


学生もサラリーマンも起業家も集めるにはどのように集めるか?

なぜコワーキングスペースをはじめたか。

そんなことを含め、いろいろな人に私の思いを伝えました。


そんな中で直面したのは、自分の考えは本当に甘かったんだなということです。

なにより、経営とは何か?を知らなさ過ぎました。


起業塾で出会った起業仲間とともに毎月の勉強会を実施し、

起業前にお会いした同業のオーナーたちに教えを乞い

集客、スペース運営の工夫のアドバイスを受け

徐々にご利用者が増えてきたのです。


2年目。

少しずつ地域に溶け込んできたかな、と思っていたところにコロナ禍がやってきました。

一気にご利用者が減り、どうしたものかと思案しました。

周りの飲食店が次々に店を閉める中

この状況ではIDECOLABOの一時休業もやむを得ないかもしれない、と覚悟もしました。